寺さんのおもちゃ箱

バイク・ウクレレ・木工・カメラ・・・ いっぱい入っている おもちゃ箱♪

カナダ メープル街道(2) 

3日目 VIA鉄道(トロント→モントリオール)10月9日(日)
  トロント
    8時過ぎ  ナイアガラから CNセンターがそびえるトロントへ向けてバスで出発。
                 CNタワーは高さ553.33m。CNとはCanadian Nationalの略でカナディアン・ナショナル鉄道が建設した塔。
   
      トロントは人口400万人を超えるカナダ最大の都市。
      P1010069.jpg  
        トロント駅前     

      P1010064.jpg    P1010073.jpg
      モントリオール行きの待合室   トロント駅の構内
         
      P1010071.jpg         
                VIA鉄道の案内板

   11時30分 トロント発のVIA 鉄道モントリオールへ出発。
     車窓からの風景が、工場から農場へと変化していくとともに、次第に紅葉が増えてくる。
     IMGP8908.jpg  IMGP8909.jpg
        
             IMGP8910.jpg    
     それにしても5時間も乗ってトンネルが一つも無いのは不思議な感じがします。
 
    モントリオール
    17時 モントリオールに到着。
      P1010076.jpg
 
      P1010080.jpg P1010081.jpg
           モントリオール駅
  
      超一流ジャズメンが集まるモントリオール・ジャズ・フェスティバルが開かれる、あのモントリオールへやって来ましたゾ♪
      帰ったらレコード聞こう!
      モントリオール市内はフランス語ばかり。お洒落な感じの街。    
        
   ロレンシャン高原
    モントリオールから大型バスでロレンシャンへ。
      P1010082.jpg
      モントリオール駅前

    地平線まで一直線に延びるフリーウェイをひた走るバス。
    1時間以上走りやっと峠道に入る。
    対向車線はかなり渋滞していて、これは前日が雨だったため、この日、一気に行楽客が押し寄せたそうだ。

 トランブラン村
   19時半 トランブラン村のホテルに到着。
      この村は、宿泊施設とお店だけで住民はいないそうです。
      夜でも、祭りの夜のごとく人出で賑わっていました。
      サン・ベルナール広場のレストランで、白身魚のムニエルとパスタの夕食。

       私たちの泊まったホテル
       IMGP9111.jpg

       IMGP8914.jpg  IMGP8916.jpg
        機能的なキッチンとリビング
         
 ( 4日目 ロレンシャン高原 に続く )
     

   
    
 
( 2016/10/16 16:16 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

カナダ メープル街道(1) 

”世界一の紅葉”と言われる カナダ メープル街道 の旅に参加しました。8日間で6組14名のツアーです。

カナダはロシアに次いで世界で2番目に国土が広い。人口は3,600万人弱。
時差が マイナス13時間なので、日本とは昼夜が逆転します。
       ※写真はクリック(またはタッチ)すると拡大します。

1日目 出発  10月7日(金)
  14時 中部国際空港セントレアに集合。
 
  16時40分頃 デルタ航空のエアバスA330離陸。
    全席にモニターが付き映画、オーディオ、ゲームや飛行情報を楽しめます。
    昔はビジネスクラスにしか付いていなかったのに、と驚いているのは私ぐらいかも知れませんが、時代が変わったんですね~
    機内では2回の食事と、おやつが1回。たぶん、夕飯と昼食でしょう。
 
   ~ 日付変更線を超え マイナス13時間 ~
 
   16時頃 デトロイト空港に到着。
        IMGP8804.jpg
    12時間14分も飛行したのにセントレアとほぼ同じ夕方4時。時間が止まってしまいました。
    アメリカ入国審査の後、バッファロー行き乗り換えに6時間待ちます
 
       IMGP8807.jpg
    2kmほどの空港ロビーは無人のシャトルで無料で移動できます。    
  
  22時頃 バッファロー行き離陸。  
    小型の旅客機ですが、デトロイトまでと同様バッファロー行きも満席でした。   
  23時過ぎ バッファローに到着。 
    
  深夜1時過ぎ 大型観光バスに2時間揺られてナイアガラフォールズのカナダ滝の正面に位置するホテルに到着。
    ナイアガラの手前の橋にはアメリカとカナダの国境があり、バスを降りてパスポートを提示します。
        レインボー橋にある国境はひどい渋滞です。私たちのバスは別の橋を渡って渋滞を避けました。
    IMGP8838.jpg
    (翌日のレインボー橋)
  
  セントレアを発ってから20時間以上の長ぁ~い1日でした。

2日目 ナイアガラ  10月8日(土)
 テーブルロック
   9時過ぎ、カナダ滝の正面にあるテーブルロックに着いた時は雨と強い風!
   少々脱力。
     IMGP8818.jpg   IMGP8819.jpg
        カナダ滝           アメリカ滝

   700人ほど乗れるというナイアガラ・クルーズに乗船。この頃には雨があがり日差しが強くなっていました。
               IMGP8829 (2)

    遊覧船は次々に出ますが、乗船用に渡される赤いポンチョ風カッパを着た乗船待ちの集団は途切れることがありません。
    遊覧船は滝壺の間近まで行き、暫く留まります。嵐の中のような風雨、というのは本当でした。
 
   ワールプール
    ナイアガラフォールズ市内のレストランでバイキングの昼食の後、バスでナイアガラ・オン・ザ・レイクへ向かいます。
   途中、見晴らしの良い所で一休み。
 
    ワールプール
    IMGP8850.jpg
  
          IMGP8847.jpg IMGP8852.jpg  
   
 ナイアガラ・オン・ザ・レイク
    時計台を中心にレストラン、雑貨店などが並ぶクイーン通り散策したが、古い建物が連なる美しい街。観光馬車も何台か見かけました。
   IMGP8856.jpg  IMGP8859.jpg IMGP8855.jpg  
  
   スーパーの店先 
   IMGP8863.jpg
   ハロウィンが近いのでカボチャが並んでいます。
   この店で水と新聞を買いました。ハリケーンの被害の記事が載っていました。ちなみにカナダでは水道の水が飲めます。
   
 ●ワイナリー見学
   実ったブドウ、醸造タンクを見学した後、アイスワインをはじめ、白・赤ワインを試飲。
   凍ったブドウ1房から1滴しか採れない(オーバーかも?)という貴重なアイスワインをご馳走になりました。
    IMGP8870.jpg  IMGP8875.jpg    

   この辺りのブドウ農家の家は「アメリカンの家」の見本のよう。
   1軒1軒 見て歩きたくなります。   

 ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ(JBF)
   ホテルに戻って夕食迄の自由時間を使い、滝の裏側観光に行きました。
   ホテルかテーブルロックへはケーブルカー(往復5.5ドル)を利用。
   ウェルカム・センターJBF入場チケット(19.5ドル)を購入し、黄色のポンチョ風カッパを着てエレベーターで下りるとバルコニーに出ます。
    IMGP8885.jpg 
   そこはカナダ滝の真横で、流れ落ちる水の迫力に圧倒されます。
 
   トンネルを通って2か所あるのぞき窓から滝の裏側を眺めます。
    IMGP8890.jpg

   知人の勧めで観光しましたが、滝の迫力を間近に感じました♪
  
   ホテルに帰るためケーブルカーに乗り込んで待つと、突然
    レインボー レインボー!
   乗り合わせた子供たちが叫びます。
   見るとカナダ滝に虹がかかっていました。
    IMGP8891.jpg  IMGP8893.jpg     

 ( 3日目 VIA鉄道 に続く )
  

( 2016/10/16 08:37 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

ボリショイサーカス 

8月26日(金) 快晴

招待券を戴いたので愛知県体育館ボリショイサーカスを見に行って来ました。
招待券から指定席入場券の引き換えには長蛇の列!
日陰にもかかわらず、団扇をパタパタさせても、うだるような暑さに10分ほど辛抱。
やっと入場した館内の涼しさ。

演目は去年と大きく変わっていましたが、の芸、トランポリンのアクロバット、
空中ブランコ等々、童心にかえって楽しみました。
道化も面白い^^  サーカスは本当に楽しいですね♪

しかし、その帰途は大変でした。
1本前の電車が犬山の踏切で車と衝突!
乗った電車は小牧で運転打ち切り。
バスも無いのでタクシーで帰る羽目に(;;)
といってもタクシー待ちも長い行列。
前の親子連れが行先が同じなので相乗りしました。
お蔭でちょっと早く乗れて、なんと言っても5000円強の料金は半額で済み、ほーんと助かりました\(^o^)/

( 2016/08/27 08:25 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0)

土用の丑 

明日、7月30日は土用の丑の日。
一足早く 昨日(28日) たむろ各務原店(鵜沼) で鰻を食べて来ました。

この辺では一番人気の店なので、前日に予約。
敷地内の駐車場は満車のため 第2駐車場に。
城門のような構えの扉、中は古民家風。
掘りごたつの個室に案内され待つことおよそ20分。
料理が来ました。

 unagi-02.jpg

 手前はうな丼特上。奥はひつまぶし特上
 どちらも2,780円(税込み)。

 鰻の焼き具合は外側がカリッと、身は柔らかくていい具合です。
 白菜の漬物が甘辛い鰻にマッチしています。
 デザートは、焙じ茶のアイスクリーム、またはレモンの寒天。
 ご飯はお代わり可。
 
満タンになったポイントカードで500円引いてもらいました。
新しいカードを見ると大関に昇進していました(以前のは小結)。

( 2016/07/29 19:57 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0)

スツール 

娘からの依頼で化粧用のスツールを作りました。
化粧品を置けて高さは31センチ以下に、の条件には悩まされました。
化粧品の高さだけで20センチは要りますから。
 サイズ =  横 40センチ × 縦 31センチ × 高さ 31センチ

  stool-05.jpg  stool-01.jpg
  整理BOXを載せるためベニヤ板を張り、その上に滑りやすくするため塩ビの板を張りました。 (要らなくなったB4ファイルを利用)
  床に傷をつけないように 足にはクッション材を貼ってあります。
  
  stool-07.jpg
  化粧品収納用の整理BOX(100円ショップで250円)を載せて完成。
  クッションは自分で気に入ったものを載せてもらいます。
  
( 2016/06/21 07:35 ) Category 私の作品 | TB(0) | CM(2)

ちょっとお出かけ蒲郡へ 

四国ツアーで知合った I さん の案内で蒲郡へ行って来ました。
オヤジ二人の電車旅^^;
彼が所持する名鉄の株主優待フリー切符を使って、電車賃ゼロ!

10:48 犬山駅で待合せして、名鉄電車を乗り継いで 蒲郡へ。
  犬山 → 新安城 → 吉良吉田 → 蒲郡

12:30 蒲郡駅 で昼食
  gamagori-02.jpg
   駅前にヨット NIPPON号

   麵屋しずる のラーメン
   gamagori-03.jpg
    ラーメン(並) 720円。  分厚いチャーシュー!
    バスの出発時間が迫ったため食べ残してしまい、ごめんなさい
    美味しかったですよ    > 可愛い店員さん ^^
   
13:00 蒲郡駅発の無料シャトルバスで ラグーナ蒲郡 へ

 ラグーナ蒲郡
   gomagori-06.jpg
     熱帯っぽい敷地  (遠くに見える風力発電の白い風車)

  gamagori-10.jpg 
   遊園地(ラグナシア) がありました ・・・眺めただけ

  ラグーナ フェスティバルマーケット は買い物客で大繁盛でした。
    (ショッピングモール)
   焼き立ての イワシ、キス、ハタハタ の試食で満腹♪

  gamarori-08.jpg      
   サウザンド・サニー号 と 係留されたヨット 

15:10 ラグーナ蒲郡発の無料シャトルバスで蒲郡駅へ。
     帰りも名鉄電車を乗り継いで犬山へ。

17:00  知立で乗り換え。学生さんでホームは混雑。
 でも乗った快速新鵜沼行きは空いていて、帰りも座れました。

楽しい電車旅に誘ってくれた I さん、有難うございました。
使ったのはラーメン代だけの安上がりの旅でした。

( 2016/06/14 21:12 ) Category 観光 | TB(0) | CM(0)

アロエの花 

アロエに花が咲きました。
茎が異様に長くて、元気のない花。
 aroe-01.jpg

 aroe-02.jpg
 でも、ちょっと可愛いかも。
( 2016/06/10 07:45 ) Category | TB(0) | CM(0)

はじめての四国ツアー その2 

【3日目】  
  3日間の四国旅行の最終日。西から近づく雨から逃げるように東へ移動。
  愛媛の松山城見学と、香川の金比羅参りと体力のいる1日。

 松山城
 matuyamajo-04.jpg
 
  開門
 matuyamajo-03.jpg
  午前9時、城門前。
  城門についての説明の後、鳴り響く太鼓に合わせて門が開く。
 
  天守閣
 matuyamajo-06.jpg
  天守閣から松山市内が見渡せる。

   櫓(やぐら)、石垣
 matuyamajo-02.jpg


 こんぴらさん
  ときどき傘が開く程度の小雨の中、長い石段を登って参拝。

  軒を連ねる土産物店の間を通り、まずは鳥居をくぐる。
  konpira-01.jpg
   
   大門
  konpira-06.jpg
     大門からが境内となる。

   旭社
  konpira-04.jpg
   あまりに立派な建物なので、森の石松が御本宮と間違って刀を奉納して帰ったという話。

   御本宮
  konpira-05.jpg
   参道口から785段の石段。
   御朱印と、ここでしか手に入らない黄色のお守りをいただきました。


 この後、瀬戸大橋を見物し、岡山へマリンライナーで。
 の予定がトラブル発生! マリンライナーが火事で全面ストップとのこと。

 旅行会社が対応してくれて、そのままバスで岡山へ送ってもらうことになりました。
 バスから瀬戸大橋の眺めを楽しみながら帰ることになりラッキー♪
 なんとかギリギリ新幹線に間に合い、無事に帰宅できました。

  END~~~


 
( 2016/06/05 15:39 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

はじめての四国ツアー その1 

初めての四国巡り、3日間、観光バスで各県の観光スポットを見て来ました。
四国にも高速道路があるのには、ちょっと驚き。
高知、松山では昔懐かしい市電が走っているのを見て、嬉しくなったり。

【1日目】 
 早朝の新幹線で岡山へ。そこからマリンライナーで瀬戸大橋を渡り高松へ。
 高松でバスに乗り、大歩危峡、かずら橋を見て、高知市へ。

 大歩危峡 
   ”レストラン大歩危峡まんなか”で昼食を摂り、付近を散策。
 oboke-01.jpg oboke-02.jpg
                   (遊覧船の乗船場)
 かずら橋
 kazurabasi-02.jpg kazurabasi-03.jpg
   揺れて頼りない手摺りでも、掴んでいないと怖い。
   左・右への移動の際はちょっと真剣。
    料金は550円(片道だけ)
 
 琵琶の滝
 biwanotaki-01.jpg
  平家の落人たちが、ここで琵琶をひいて都を偲んだとの伝説の滝。

  高知市
  カツオ料理
  katuo-01.jpg katuo-02.jpg
   ”ひろめ市場” からアーケードを散策。
   地元の人にカツオ料理の美味しい店を訪ねたところ、親切にお店まで案内してくれた。
   ”高知大丸”の近くで、美味しいカツオをいただきました。
   塩で食べたのは初めて!
   (じつは既に少し口にしてしまってから、ケータイで撮った写真^^;)

【2日目】 
  雲一つない(?)いい天気。 長距離の移動に天が味方してくれました。
  高知の桂浜、四万十川から、愛媛の道後温泉へ。

 桂浜
  kazurahama-01.jpg   ryoma-01.jpg
                        坂本龍馬像

 四万十川
  simanto-01.jpg
   屋形船の中でお弁当を食べながらの遊覧。

 沈下橋
  simanto-02.jpg
  洪水に橋が流されないよう欄干を無くした橋。

 道後温泉
  dogoonsen-01.jpg dogoonsen-02.jpg
   道後温泉本館 ・・・ 来年から10年かけて改修予定とのこと。
    
 道後温泉駅
  dogoonsen-07.jpg
    駅付近の一角の商店街は温泉客で大賑わい。
    買い物や散歩が楽しめます。

  dosoonsen-08.jpg  dogoonsen-05.jpg
    坊っちゃん電車         からくり時計
                        『坊っちゃん』の登場人物が勢ぞろい

(余談ですが・・・)
  この日の宿は道後温泉本館からすぐの所。
 この宿のS課長さん、秋には「プロレス・デビューします」と宣言。
 仲居さんに聞いた話では、お祭り男ではあっても、とても格闘技をするようなタイプでなない、とのこと。
 怪我のないように祈るばかり。

 道後温泉は、また行きたくなる温泉でした。

( 2016/06/05 12:15 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

バラの花 

近所のご主人にバラの花をいただき、玄関に飾りました。
ご主人が丹精込めて育てたバラが満開の、それは見事な生け垣です。

 rose-07.jpg
  (花瓶は自作です)

( 2016/05/14 09:50 ) Category | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tera

  • Author:tera
  • ウクレレ仲間、バイク仲間たちとの集いを楽しんでいます。
月別アーカイブ
最近のトラックバック