FC2ブログ

寺さんのおもちゃ箱

バイク・ウクレレ・木工・カメラ・・・ いっぱい入っている おもちゃ箱♪

長岡まつり大花火大会2018(2日目) 

クラブツーリズムのツアーで日本3大花火の一つ、新潟県の長岡花火大会(2日目)見物に行って来ました。

8月3日(金)
 11:23 多治見駅から特急信濃9号に乗車。
     実は予定していた多治見駅周辺の駐車場が満車!
     他の駐車場を探し回りやっと間に合ったが、危なく乗り損なうところでした(++;

 12:53 塩尻到着
     名古屋からの客111人を、大型バス3台に乗せ、新潟県の長岡へ向けて出発。
     ほかに東京方面、関西方面からの花火ツアー客も長岡を目指します。
     新潟県に入ると雪解け水のような水道水の冷たさにも驚かされます。

 17:30 長岡 花火会場に到着
     私たちのマス席信濃川の左岸(長岡インター側)の川辺より。

      nagaoka-20180803-26.jpg
      午後7時20分の開始をひたすら待ちます。
      日差しは強いけれど暑さは大したことはありません。

      マス席というのは、地べたにブルーシートで区画が作られ、
      指定された区画に各自持参したシートやクッションで席を取ります。
      携帯用イスの使用は禁止。
      イス席(テーブル付)もありますが、マス席の後方に設けられていました。

      後ろを振りむいて見ると、どこまでも続く人の波!
  
      全部が指定席。当日券は売り切れでした。
      クラブツーリズムの利用客はこの2日間1万数千人約250台のバスだったとのこと。
      
  19:20~ 21:10 花火打ち上げ
     花火見物の記憶が乏しい私は、度肝を抜かれる思い!\(◎o◎)/
     視界の右から左まで、低い位置から頭のほぼ真上まで、空一面が花火で埋まるほど。
     頭から花火のシャワーをかぶる、という表現は決して大げさではないでしょう。
     ドン、ドンと和太鼓を引っぱたくような、腹に響く音が興奮を盛り上げます。

     3分間隔での出し物で、カラフルだったり、キラキラを混ぜたり、
     夜空のキャンバスに花火を巧みにレイアウトしたり、
     盛り上げ方に工夫したり、思いっきり尺玉を使ったり、
     始まりから終わりまで、どれもこれも大したもの!
      
     ひたすらウワー、ウワーと感嘆し、出し物が終わるたびに拍手♪
     2時間弱、花火を堪能しました。
        
      nagaoka-20180803-38.jpg    nagaoka-20180803-39.jpg

                  nagaoka-20180803-41.jpg    nagaoka-20180803-45.jpg

                  デジカメを三脚替わりの日傘で支えて撮った写真。
      (因みに立ち上がっての撮影、三脚の使用は禁止)
      花火に夢中で、とてもデジカメを触る余裕が無くてほとんど写真なし。
      というか上掲の4枚がすべて^^;

      終了時には全員が立ち上がり、ペンライトなど光の出る物を振って、花火師、開催・運営スタッフへの感謝の気持ちを表します。
      後方ばかりか、対岸(信濃川の右岸)も光がイッパイ!
      それがまたキレイです、感激です!  
      1日目の花火をテレビで放送したそうです。見てないけれど。
      どちらにしても、あの興奮と感激は、現場で味わうしかないでしょう。
   
   22:00 引上げ開始 ~ 22:30 バス出発 ~ 25:30 苗場プリンスホテル到着
      バスが駐車場から出るにも暫く動けない状態が続きました。

      翌朝、ホテルの駐車場を部屋から見下ろすと45台の大型バス!
     (数えました^^;)
      運転手、添乗員だけでも90人!
      バスの乗客は少なくとも1,600人。ほとんどが花火見物客でしょう。
      大勢の人が集まるのも頷ける見事な花火でした。
  
      行ってよかった、一生の思い出に残る花火見物でした♪


( 2018/08/04 23:42 ) Category 観光 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tera

  • Author:tera
  • ウクレレ仲間、バイク仲間たちとの集いを楽しんでいます。
月別アーカイブ
最近のトラックバック