寺さんのおもちゃ箱

バイク・ウクレレ・木工・カメラ・・・ いっぱい入っている おもちゃ箱♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カナダ メープル街道(1) 

”世界一の紅葉”と言われる カナダ メープル街道 の旅に参加しました。8日間で6組14名のツアーです。

カナダはロシアに次いで世界で2番目に国土が広い。人口は3,600万人弱。
時差が マイナス13時間なので、日本とは昼夜が逆転します。
       ※写真はクリック(またはタッチ)すると拡大します。

1日目 出発  10月7日(金)
  14時 中部国際空港セントレアに集合。
 
  16時40分頃 デルタ航空のエアバスA330離陸。
    全席にモニターが付き映画、オーディオ、ゲームや飛行情報を楽しめます。
    昔はビジネスクラスにしか付いていなかったのに、と驚いているのは私ぐらいかも知れませんが、時代が変わったんですね~
    機内では2回の食事と、おやつが1回。たぶん、夕飯と昼食でしょう。
 
   ~ 日付変更線を超え マイナス13時間 ~
 
   16時頃 デトロイト空港に到着。
        IMGP8804.jpg
    12時間14分も飛行したのにセントレアとほぼ同じ夕方4時。時間が止まってしまいました。
    アメリカ入国審査の後、バッファロー行き乗り換えに6時間待ちます
 
       IMGP8807.jpg
    2kmほどの空港ロビーは無人のシャトルで無料で移動できます。    
  
  22時頃 バッファロー行き離陸。  
    小型の旅客機ですが、デトロイトまでと同様バッファロー行きも満席でした。   
  23時過ぎ バッファローに到着。 
    
  深夜1時過ぎ 大型観光バスに2時間揺られてナイアガラフォールズのカナダ滝の正面に位置するホテルに到着。
    ナイアガラの手前の橋にはアメリカとカナダの国境があり、バスを降りてパスポートを提示します。
        レインボー橋にある国境はひどい渋滞です。私たちのバスは別の橋を渡って渋滞を避けました。
    IMGP8838.jpg
    (翌日のレインボー橋)
  
  セントレアを発ってから20時間以上の長ぁ~い1日でした。

2日目 ナイアガラ  10月8日(土)
 テーブルロック
   9時過ぎ、カナダ滝の正面にあるテーブルロックに着いた時は雨と強い風!
   少々脱力。
     IMGP8818.jpg   IMGP8819.jpg
        カナダ滝           アメリカ滝

   700人ほど乗れるというナイアガラ・クルーズに乗船。この頃には雨があがり日差しが強くなっていました。
               IMGP8829 (2)

    遊覧船は次々に出ますが、乗船用に渡される赤いポンチョ風カッパを着た乗船待ちの集団は途切れることがありません。
    遊覧船は滝壺の間近まで行き、暫く留まります。嵐の中のような風雨、というのは本当でした。
 
   ワールプール
    ナイアガラフォールズ市内のレストランでバイキングの昼食の後、バスでナイアガラ・オン・ザ・レイクへ向かいます。
   途中、見晴らしの良い所で一休み。
 
    ワールプール
    IMGP8850.jpg
  
          IMGP8847.jpg IMGP8852.jpg  
   
 ナイアガラ・オン・ザ・レイク
    時計台を中心にレストラン、雑貨店などが並ぶクイーン通り散策したが、古い建物が連なる美しい街。観光馬車も何台か見かけました。
   IMGP8856.jpg  IMGP8859.jpg IMGP8855.jpg  
  
   スーパーの店先 
   IMGP8863.jpg
   ハロウィンが近いのでカボチャが並んでいます。
   この店で水と新聞を買いました。ハリケーンの被害の記事が載っていました。ちなみにカナダでは水道の水が飲めます。
   
 ●ワイナリー見学
   実ったブドウ、醸造タンクを見学した後、アイスワインをはじめ、白・赤ワインを試飲。
   凍ったブドウ1房から1滴しか採れない(オーバーかも?)という貴重なアイスワインをご馳走になりました。
    IMGP8870.jpg  IMGP8875.jpg    

   この辺りのブドウ農家の家は「アメリカンの家」の見本のよう。
   1軒1軒 見て歩きたくなります。   

 ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ(JBF)
   ホテルに戻って夕食迄の自由時間を使い、滝の裏側観光に行きました。
   ホテルかテーブルロックへはケーブルカー(往復5.5ドル)を利用。
   ウェルカム・センターJBF入場チケット(19.5ドル)を購入し、黄色のポンチョ風カッパを着てエレベーターで下りるとバルコニーに出ます。
    IMGP8885.jpg 
   そこはカナダ滝の真横で、流れ落ちる水の迫力に圧倒されます。
 
   トンネルを通って2か所あるのぞき窓から滝の裏側を眺めます。
    IMGP8890.jpg

   知人の勧めで観光しましたが、滝の迫力を間近に感じました♪
  
   ホテルに帰るためケーブルカーに乗り込んで待つと、突然
    レインボー レインボー!
   乗り合わせた子供たちが叫びます。
   見るとカナダ滝に虹がかかっていました。
    IMGP8891.jpg  IMGP8893.jpg     

 ( 3日目 VIA鉄道 に続く )
  

( 2016/10/16 08:37 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tera

  • Author:tera
  • ウクレレ仲間、バイク仲間たちとの集いを楽しんでいます。
月別アーカイブ
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。