寺さんのおもちゃ箱

バイク・ウクレレ・木工・カメラ・・・ いっぱい入っている おもちゃ箱♪

ベトナム旅行(3) ハノイ 

6月21日(水) 晴れ      ※写真はクリックすると拡大します
 最終日はハノイ市内観光と、旧市街の観光。
 気温よりも湿度の高さが厳しい。

 ホーチミン廟
  
ベトナムの独立、南北統一に尽し、国民から父と慕われるホーチミン元国家主席の遺体が永久安置されている。
  軍によって厳重に警備されている。入場料は無料、カメラ持込禁止。

  vnhanoi-021055.jpg
    ホーチミン廟
 ガラスケースの中に遺体が安置されていました。立ち止まったり、前の人との間隔が少しでも開くと警備兵に注意されます。

 ホーチミンの家
  vnhanoi-021061.jpg 
   ホーチミンの家

  vnhanoi-02166.jpg vnhanoi-02167.jpg
   1時間ごとに行われる衛兵交代

 一柱寺  
  李朝の王様が観音菩薩の夢を見て待望の子供を授かり感謝の気持ちで建立した一柱寺。
  国内で一番人気の寺だそうです(ガイド談)

  vnhanoi-02170.jpg
      1本の柱の上に建つ一柱寺 
  
タンロン城(世界文化遺産)
 初代皇帝リータイトー(李太祖)が築いた城で、歴代王朝の遺跡が重なって残っている。11世紀から19世紀までベトナムの首都はタンロン(昇竜)だった。 
 
 vnhni-02157.jpg vnhni-02159.jpg 
   タンロン城跡          端門
 
vnhni-02158.jpg
  ベトナム戦争の戦闘機
 vnhni-02163.jpg vnhni-02164.jpg 
     端門          
 vnhni-02170.jpg vnhni-02171.jpg


昼食は飲茶料理。エビシューマイ、ごま団子(白あん)、揚げ春巻きは美味しかった。
ベトナムの料理はどれも美味しい。果物も美味しくてバナナ、ココナッツ・ジュース、ライチの味は格別♪


 ハノイ旧市街
  
シクロ
(自転車タクシー)に乗り、旧市街(ホアンキエム湖の東側)を見物。
  運転手さん、話はしないが「オペラハウス」「レイク」と教えてくれた。

  vnoldtwn-02128.jpg vnoldtwn-02129.jpg
   シクロ乗り場          出発直後 
   
  vnoldtwn-02132.jpg
   オペラハウス
  vnoldtwn-02142.jpg vnoldtwn-02143.jpg
  ベトナム李朝の初代皇帝 李公蘊(李太祖 Ly Thai To)の像

  vnoldtwn-02144.jpg 

    ホアンキエム湖畔
  vnoldtwn-02148.jpg vnoldtwn-02152.jpg
         旧市街
  
  シクロを下りてからは自由行動。
  女性陣のお供をしてホアンキエム湖の西側のブティック巡りに出掛けた。
  値段は日本人向けなので日本と変わらない。
  切れ目なく走ってくるバイクと車の間をぬって通りを渡るのは命がけ!
  でも知らない街を歩き回るのは本当に楽しいものだ。  

  vnhanoi-02137.jpg  vnhanoi-02176.jpg  
  別の場所で撮ったハノイ市内 ・・・こんなもんじゃなかった(++)
    
 バイクが物凄く多い! ほとんどが90~120ccのバイク。HONDAとYAMAHAをよく目にする。
  信号が赤でもスキがあれば入って来るし、車に接触しそうなすり抜けも当たり前。

 水上人形劇
   5時15分に始まり45分間。こんな人形劇があるんだ、と感動した。
  村人と、龍、カエルなどが登場。言葉はサッパリ分からないがダイナミックで滑稽で珍妙な動きを楽しめた。
  それにしても水中で長時間の演技、息継ぎは?
  演奏と演技がピッタリ合っているのは?

  不思議(--;

 vnhanoi-02178.jpg  vnhanoi-02180.jpg
             

 vnhanoi-02179.jpg 
  楽団の演奏と歌が見事

 水上人形劇を最後にベトナム観光は終わり。夕食は日本人に人気のレストランでベトナムフランス料理を食べ、空港へ。
 ノイバイ空港は大混雑。日本の神奈川へ研修に出掛ける100人ほどの学生(全員がマル坊主)と見送りの人でイッパイ。
 1人の学生に対し20人が見送りに来るのだとか(ガイド談)

0:30 ノイバイ空港から日本へ出発

7:00(プラス2時間) 中部国際空港に到着
      約3,600km 約4時間半の飛行
   
 数々の驚きと感動、来てよかったとつくづく思ったベトナム旅行。
 悲惨な
ベトナム戦争から40年以上が経ち、痕跡はほとんど見られなかった。かと言って日本のような戦後の発展も見られず貧しい暮らし。
 目にした当初はベトナム頑張れ、と思ったが、人々が生きいきとしていて、このままの方がいいのかな。そんな気持ちになった。

 シン カムーン(ありがとう) ベトナム

  





( 2017/06/23 19:43 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

ベトナム旅行(2) ホアルー、チャンアン 

6月20日(火) 晴れ    ※写真はクリックすると拡大します
 9:00 ニンビン(省)へ向かって出発
    ハノイから100km南のホアルーへバスで2時間。ホアルーに到着。


古都ホアルー観光 ・・・10世紀の一時期、首都が置かれた場所 

 ディン・ティエン・ホアン寺院
  
ディン・ティエン・ホアン皇帝を祀る寺院。
  衣服だけが祀られ遺体のありかは不明。付近の山中のどこかに埋葬されている
(ガイド談)

  vnhoal-02021.jpg 
   のどかな田園地帯
  vnhoal-02004.jpg
  重要文化財の観光名所を牛飼いが横切る底抜けなのどかさがいい

  vnhoal-020500.jpg 
  ディン・ティエン・ホアン寺院

  vnhoal-02007.jpg vnhoal-02011.jpg
   建築物が素晴らしい
  vnhoal-02017.jpg vnhoal-02014.jpg
   繊細で美しい彫刻


世界遺産 チャンアン・クルーズ
 
手漕ぎボートに揺られて2時間、渓谷の奇岩と洞窟を楽しむ。
 
乗船中、トイレは無い。出発前に済ませておく(トイレ有料)
 
 
vntrnan-02004.jpg   vntrnan-02008.jpg
  船頭さんはみな女性

 vntrnan-02014.jpg 
 洞窟内では岩に頭をぶつけないように注意
 洞窟に入る手前で船頭さんは傘を下ろす。
 船頭さんは足でこぐのが上手で、
傘を下ろす時も足でこぐ。

 
vntrnan-02030.jpg
 洞窟を抜けると仙境が広がる
 vntrnan-02011.jpg     
  水蓮の花 午後なので少ない

  vntrnan-02024.jpg
  数か所にある寺院 水中に建つ寺院も

 vntrnan-02028.jpg   vntrnan-02029.jpg
  自然が作り出した奇岩         

 
チャンアンから2時間かけてハノイへ戻る。
 ベトナム料理の夕食をいただき、ホテルへ。

   ~ 3日目 終了 ~
 

   

 
( 2017/06/23 08:24 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

ベトナム旅行(1) ハロン湾 

6月18日(日) 晴れ    ※写真はクリックすると拡大します
 10:15 中部国際空港からベトナムへ出発。
   初めて乗るベトナム航空。定員約170人が満席。
  
 15:30 予定通り5時間ほどで、ハノイのノイバイ空港に到着。
  現地時間は13:30 (時差マイナス2時間) 

  シン チャオ(こんにちは) ベトナム

  現地ガイドに案内されてツアー客12人がバスに乗り込み、ハロン湾へ向かう。

  車は右側通行。 道路は一応、舗装はされている。信号は滅多に無くて、制限速度は80km。
  順調に進むが至る所にある厳しい段差の手前でブレーキ。
  ガタンと乗り越えるのとバス後部の皆さんのオー、という声が頻繁に聞こえて楽しい^^
    
  水田が広がり、所々に茶色の牛、たまに灰色の水牛が放されている。    
  KARAOKEPHO BO' の看板をよく見かける。 
   (後者は牛肉のフォーのこと) 
  それ以外はまったく読めないし、何の店かもわからない(--;

  廃墟? と思うような家が固まっている。建物は3階、4階建てが多く、5階建てもある。  1階ガレージ、2階は年寄り、3階から上がその他の家族。間口が広いと税金が高いので奥に長い建物。ローンが無いので家を建てるには全額現金。なかなか建てられない。
 どの家も道路から見える面だけが塗装されていて、横の面はコンクリート打ちっぱなし。

      vnhln-01884.jpg
     走るバス車窓から

   vnhln-01989.jpg
   途中1回だけ休憩したコーヒーの店
   ジャコウネコのコーヒーを無料サービス。買うと100g約1,500円。


  バスに4時間揺られてハロン湾に到着。
  ハロン湾の辺りは道路もキレイで、リゾートって感じ。

  ベトナムにもこんな洒落た店があるんだ、と驚くキレイなレストランに入る。
  生春巻きほかベトナム料理をお腹いっぱい食べ、さらに鍋料理
  どれも美味しかった♪
  食事中に窓から見ると激しい雨が。雷も。

  夕食後、雨上がりのナイトマーケットへ。
  沢山並べられた革製品が目についたが、なんだか怪しげな雰囲気。

        ~  1日目 終了 ~ 


6月19日(月) 曇り
 8:15 ベトナム旅行の目玉、ハロン湾クルーズに出発。
   じつはこの朝、ホテルでちょっとした(ちょっとどころじゃなかった)トラブル!
   朝食から戻ると部屋のロックが解除できない(++)
   フロントに頼んで待つと、部屋の前にボーイ、ハウスキーピング、技術のスタッフら
   男女5人、いや6人かな?が集まり奮闘してくれた。
   結局、カードキーで開けることが来ず、隣室のバスルームの点検口から侵入して開けてくれた。
   出発まで時間に余裕があったので良かったけれど、焦りました^^;

     あれはひょっとして、もう1枚のカードキーを室内に差したままで出たのがイケなかったのかも?
     だったら、ホテルの皆さん、ごめんなさい m(_ _)m

ハロン湾クルーズ
  雨で煙っても水墨画のような神秘的な景観を見られ「海の桂林」とも呼ばれるハロン湾。
 ハロン(下竜)湾には大小3,000もの奇岩があるという。

 幸い天気に恵まれ、切符売り場は観光客でいっぱい!

   vnhln-01001.jpg vnhln-0100.jpg
   四角のギターと民族楽器?でベサメムーチョ他を演奏
 
  vnhln-01006.jpg vnhln-01905.jpg
    船着き場の風景 

  vnhln-01011.jpg  vnhln-01012.jpg
     乗船         中華料理店風の船室
              昼食はここで海鮮料理

  船の2階に上がり寝椅子に腰掛けてハロン湾の景観を堪能する。
  vnhln-01065.jpg vnhln-01068.jpg

    vnhln-01970.jpg
   そそり立つ島々と海から突き出した奇岩が神秘的なハロン湾
  
    vnhln-01082.jpg
   人気の夫婦岩(右側の小さな岩が雄鶏 トサカがある)

 ティエンクン(天宮)鍾乳洞
  一端、船を下りて鍾乳洞を見物。
  夏休み中(6月~9月)で親子連れはじめ沢山の観光客でごった返している。
  涼しいかと期待した鍾乳洞の中も、外より蒸し暑いほど。

  vnhln-01062.jpg vnhln-01040.jpg
   観光船が集合        鍾乳洞の入り口   

   vnhln-01057.jpg
   鍾乳洞の内部
  vnhln-01053.jpg  vnhln-01058.jpg
     天国の門        カラフルな照明

 ハロン湾クルーズを終え、4時間かけてハノイへ戻る。

 
        ~ 2日目終了 ~  


( 2017/06/23 07:44 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

電車とバスで香嵐渓へ 

6月11日(日)  曇りのち晴れ

昨年の四国ツアーで知合った I さん と1年振りにお会いして、電車で日帰り旅行に行って来ました。
今回も I さん の名鉄株主優待フリー切符を使わせていただき、電車&バス賃ゼロ♪
行先はお任せ^^

先ずは名鉄電車で東岡崎へ。
そこから足助(あすけ)行きの名鉄バスに乗ります。
  P1060154.jpg
   東岡崎駅の名鉄バス乗り場

バスは岡崎市内を抜け、矢作川の支流の巴川に沿って足助街道を走り1時間余りで香嵐渓に到着。
  P1060177.jpg
    バス停の向かいの足助八幡宮

  P1060175.jpg
    橋の上からの香嵐渓の眺め

 散策中に見つけた蕎麦屋さん
  P1060164.jpg
   他のお店で食べてしまったのが残念!
   次回の昼食は、ここに決めた!

 蕎麦屋の奥にある小物のお店
  P1060158.jpg P1060159.jpg P1060160.jpg
   1杯150円のコーヒーを飲み、お店の方と楽しくお喋りして、少し買い物をしました。

バス停に向かって帰る道では、昔にタイムスリップした感がありました。 
 P1060165.jpg P1060169.jpg
 P1060172.jpg
  この辺りは電柱と電線が地中に埋設されています。
  観光地に限らず、こうあるべきです。

来る時にバスから見える巴川ではアユ釣りを何人も見かけましたか、
 この小さな川でも釣りをしていました。
 P1060173.jpg
   真下を見ると泳いでいるアユが見えました。

15:50発のバスに乗り東岡崎駅へ。
 (バスは本数が少ないので確認が必要(1時間に1本程度))。

名鉄電車は特急で、しかも座席指定! 
神宮前で乗り換え、そこからも座席指定。
特急には初めて乗ったけれど、乗り心地が良かった♪

18時過ぎに犬山駅に着き、 I さんとお別れしました。
楽しい1日を本当に有難うございました。

ちなみに I さんは今週末から2週間余り、北海道ソロ・ツーリングに出かけるそうです。
ご無事を願っております。



( 2017/06/12 19:51 ) Category 観光 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tera

  • Author:tera
  • ウクレレ仲間、バイク仲間たちとの集いを楽しんでいます。
月別アーカイブ
最近のトラックバック