寺さんのおもちゃ箱

バイク・ウクレレ・木工・カメラ・・・ いっぱい入っている おもちゃ箱♪

三方五湖と敦賀 

5月5日(金・)  晴れ
  
 こどもの日で天気もよくて、混雑を承知の上で7:00出発。
 ワンボックス1台に大人4人、子供2人。
 名神高速(小牧インター) ― 北陸道 ― 舞鶴若狭道
 渋滞もなく順調に走り、若狭三方インターから一般道へ。

三方五湖レインボーライン
 三方五湖有料道路を、梅丈岳(ばいじょうだけ)へ向かって景色を楽しみながら走る。
   普通車 1,040円

 頂上の駐車場は満車に近い状態。カッコいいバイクが何台も。
 そこから山頂公園へはリフトを利用。
   リフト料金(往復)  大人800円 子供600円
   ケーブルカーもあって、リフト、ケーブルカーどちらでも選択自由。
 リフトから間近に見るシャクナゲが綺麗だった。

 山頂公園には和合神社、恋人の聖地の碑、売店、茶店などがある。

   和合神社
    KIMG0034.jpg 
   手前と後ろ側とで、向かい合ってお参りする珍しい神社

   KIMG0031.jpg

  地元出身の五木ひろしの歌「ふるさと」の碑
   KIMG0035.jpg
 
  ツツジが満開で、庭園がよく整備されていた。
    KIMG0027.jpg

 西の展望台からは日本海、東の展望台からは三方五湖全体が見渡せる。
  三方五湖とは、三方湖(みかたこ)、水月湖(すいげつこ)、菅湖(すがこ)、久々子湖(くぐしこ)、日向湖(ひるがこ)

   KIMG0025.jpg
    西の展望台から見た日本海

 レインボーラインを引き返し、国道27号で敦賀へ向かう。

日本海さかな街
 敦賀といえば定番の 日本海さかな街 で昼食と買い物。
 広くなった「よって家」でそれぞれ好みの海鮮丼を食べてから、人でごった返すさかな街の中を買い回る。
 ついついサザエのつぼ焼きに魅かれ、焼いたサザエ、カキ、エビ、イカを食べてお腹がいっぱい♪
 その後、元気のいい若者のお店でカニ、サザエ、ウニなどをまとめて購入。

気比の松原海水浴場 
  さかな街を出てから、気比(けひ)の松原へ向かう。
 砂浜には、海を眺める人、ボール遊びする人、釣りをする人がズラッと並んでいる。
 何が釣れるかな、と思っていたら、目の前で20センチオーバーのシロギスを釣り上げた!
 滅多に釣れないようだが、ラッキーな人もいるものだ。

敦賀きらめき温泉リラ・ポート
 最後は温泉へ。
 敦賀インターのすぐ近くで、北陸道から見える建物。
 露天風呂が広くて、いい温泉でした。
  入浴料金 大人1,000円  子供500円
  クーポン提示で300円引き

 午後4時を回ったところで帰途につく。

 流石にゴールデンウイークの北陸道と名神高速。
 交通量は多かったが、渋滞するほどでもなく順調。
 岐阜羽島から先、一宮辺りは渋滞の様子なので、岐阜羽島で下りて下道で帰る。
 
美味しいものを腹いっぱい食べて、温泉にも浸かり、小旅行を楽しめました。

※写真はケータイ(スマホではなく)で撮ったもの。
 軽いドライブと思って、カメラも持たず出掛けたけれど、カメラを持っていけばよかったな。


( 2017/05/07 10:45 ) Category 観光 | TB(0) | CM(0)

岡崎城ツーリング 

4月2日(日)  晴れ? 豊川から香嵐渓までは降りだしそうな曇り  

9:00  東郷PAで待合わせ

  待ちきれず7時過ぎに家を出る。 想った以上に空気が冷たく手がかじかむ。
  冬用グローブにすればよかった、と思いながら30分ほどで東郷PAに到着。
  サンドバギー3台の外国人が車の下にもぐって、ボンネットを開けて何か調整している。
  ランボルギーニ、フェラーリ、アストンマーチンなどスーパーカー6台も集合している。
  閑散としたパーキングだが面白い。

   togopa-01.jpg togopa-02.jpg
        こぶしの花       愛車 kawasaki ZR-7S

  三重県方面からメンバーが到着して9:00出発。
  岡崎ICで東名高速を下りて岡崎城へ。

 岡崎城
   okazakijo-01.jpg
    ここで結婚式の花嫁(花婿も)を見送りました

  満開の屋台
   okazakijo-03.jpg   okazakijo-04.jpg
    広場にも屋台が軒を連ねて、全体では100軒近いかも。
    他所の縁日では滅多に見られない光景、多分。

  3分咲きの桜 貴重な1本
  okazakijo-02.jpg

  再び岡崎ICから東名高速に乗り豊川ICへ。
  流れは悪くないが両車線とも行列。行楽だね~
  豊川ICで下り国道151号→301号→473号→420号で足助町。
  ワインディングはついて行くのが精いっぱい!
  きびしいコーナーも(++)  ・・・ でも楽しい♪

12:40  香嵐渓
  食事処を探し、選んで入った店は、結局40分待ち。
  地元のおばあさんグループが頑張っていたけど、まいった、まいった^^;

  秋は紅葉で有名な香嵐渓だが、今はカタクリの花見物で大変な賑わい。
  飯盛山の斜面に群生するカタクリの花にカメラを向ける人でいっぱい。
  僕もツーリングに携帯するデジカメで何枚かパチリ。

  カタクリの花
    korankei-03.jpg   korankei-02.jpg
    korankei-01.jpg
   飯盛山
     korankei-04.jpg

   
本日の参加メンバー
  ヤマハが勢ぞろい! (僕だけカワサキ)
  okazakijo-mt09.jpg MT-09 TRACER
   ついこの間、TDMに買い換えたばかり、と思ったらまた新車!
   パワーが凄いらしい。サイレンサーはVMAXと同じメーカー。
   今日は付けていないパニアケース(ハード)も写真で見せて頂きました。
   
   okazakijo-fz1.jpg FZ-1 FAZER
    
   okazakijo-vmax.jpg VMAX
    
   okazakijo-xjr.jpg XJR1200

   豊田松平ICで僕だけ三重県メンバーとお別れし、東名高速をのんびり走って我が家へ。 

16:00 帰還
   走行距離 約250km / 約11L 
( 2017/04/02 22:50 ) Category ツー | TB(0) | CM(0)

シーザース・パレスのバディーリッチ 

「 俺が昔、夕焼け・・・ じゃなくて バンドマンだった頃、、、
  わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜 」
     (松鶴家 千とせ(しょかくや ちとせ)さんのフレーズ お借りしました)

 ♪シャネルNO.1スウィート♪
   めちゃめちゃカッコいい曲♪
   だけど 駆け出しのバンドマンの僕は譜面を追いかけるのが精いっぱい!
   しょっぱなから1小節が1秒ぐらいの超アップテンポ!
    
  この曲を聞くと、ビッグバンドでバイトしていた時代を懐かしく思い出します。
  特にテナーサックスのソロが圧巻。
  スローで入り、甘く優しく、後半は力強く激しく。
  もちろんバディーリッチのドラムも凄い。
  しびれますよ。 


シーザース・パレスのバディーリッチ ビッグバンド
  buddyrich-02.jpg

 曲目  マーシー・マーシー・マーシー
      ブリーチ・アンド・ティーチ
      シャネルNO.1スウィート
      ビッグ・ママ・キャス
      グッドバイ・イエスタデイ
      アシッド・トゥルース
      アルフィー
      ビリー・ジョーの唄
( 2017/01/20 22:10 ) Category LP紹介 | TB(0) | CM(0)

シルクドソレイユ トーテム 

12月26日(月) 曇り 夜雨

トーテム名古屋公演を観に行って来ました。
一昔前に稲沢で観たシルクドソレイユの感激を思い出して、期待に胸が膨らみます。

ナゴヤドーム北隣に設置された、黄色と青のカタツムリ状のテントが会場です。
車なのでナゴヤドーム付近の駐車場を予約(800円)して行きましたが、
もっと近くに500円で停められるところもありました(++)
テント前の専用駐車場は1日1,000円。

座席はほとんどがSS席で、ほぼ満席。S席は空席。
A席はステージ横のほんの一角で、これもほぼ満席ですが見づらいでしょう。

14時半に会場。
15時の開演が近づくと、会場内をクラウンが歩き回って笑わせます。

内容は省略しますが、舞台装置、音響、演技の全てが素晴らしい。
プロジェクションマッピングも効果抜群。
 
どの演目も幻想的で、人間業かと呆れるほどミスなく自由自在。
私が特に感心したのは2mほどの一輪車の演技。ユニサイクル・ウィズ・ボウル
地面に立っていても失敗しそうな芸を5人が完璧にこなします。

あっと思う間にフィナーレ。
ホントに素晴らしかった。
( 2016/12/27 08:17 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0)

モネの池 (岐阜県関市板取) 

11月18日(金)  曇り
紅葉に期待して近頃話題のモネの池へ行って来ました。
美濃市から北へ、板取川に沿って、県道81、国道256で洞戸を目指します。
田舎道に、そこだけ沢山の車が停まっているので、すぐに分かりました。
家を出てから1時間ちょっとで、10時30分頃の遅い到着。
人気の観光スポットなので駐車場が心配でしたが、増やしたようで第1・第2と、かなり広い駐車場があります。
でも週末はどうでしょうか?

平日なのに池の周囲は人垣で、通るのがやっと!
カメラを構えても、向こう岸のカメラマンを写り込まないようにするのが難しい。
V字の鯉ハートの鯉を探す人たちの声が耳に入ります。

モネの池を2周して睡蓮と錦鯉をカメラに収めてから根道神社を参拝しました。


 monetpond-06.jpg

 monetpond-07.jpg

 monetpond-03.jpg

 monetpond-04.jpg

 monetpond-02.jpg
  人気のハートの鯉

 monetpond-05.jpg
 
モネの池からさらに北へ 
  小さなダム湖 
   itadori-01.jpg
   
  川浦(かおれ)渓谷
    ダム湖で出会ったこの付近に詳しい方に教えていただき、川浦渓谷へ行きました。
    板取川温泉からさらに上流。 絶景がありました。

   kaore-01.jpg  kaore-03.jpg


   kaore-04.jpg     kaore-02.jpg
    数10メートル断崖絶壁の下、エメラルドグリーンの流れ

   kaore-05.jpg
    今年の紅葉はいま一つ。その中で頑張っている1本。
( 2016/11/18 21:08 ) Category 観光 | TB(0) | CM(0)

犬山リトルワールド 

11月11日(金) 晴れ

人から戴いた入園券の期限が迫ってきたので、犬山リトルワールドへ行って来ました。
昨日のような真冬の寒さかと思って出かけたら、夏かと思う強い日差しに戸惑ってしまいました。

 入口にはクリスマスの飾りつけが
  littleworld-1111-01jpg.jpg

11時30分からアルゼンチン・サーカス

 ポールダンス、空中ブランコ、バウンス・ジャグリング、等々
 9人のメンバが素晴らしい演技を見せてくれました。

  argentina-03.jpg
  トランポリンの3人  
   簡単そうに見えるけれど、難しいんだよね~
   



( 2016/11/11 20:17 ) Category ツー | TB(0) | CM(0)

岩屋ダム ツーリング 

11月6日(日) 晴れ

 9:00 久々の再会を楽しみに待つと到着のメール! 予定より30分早い到着
    最寄りのコンビニに駆け付けると何年ぶりだろう?
    感激して言葉が思うように出て来ない・・・
    初対面の方が二人。BMWとV-MAX。
    総勢8台で岩屋ダムを目指す。
    
 11:30頃 岩屋ダム
    実は私が道を間違えて、3台で岩屋ダムを通り越して10kmほど先まで走ってしまった(++)
    引き返して岩屋ダムで他の皆さんとやっと合流
    ま、川沿いのワインディングを満喫できて、真っ赤な紅葉も見れて、儲けたのかも^^;
    
    ここで記念撮影の後、昼食。
    iwaya-01.jpg

    iwaya-02.jpg  iwaya-03.jpg

    iwaya-05.jpg  iwaya-06.jpg        
    
 13:00頃 パワースポット巨石群と大杉に立ち寄る 
          iwaya-08.jpg
   
   国道256号 - 郡上八幡 から東海北陸自動車道に乗る
   古城山PAで休憩  
   ここで今日のお礼を告げ、美濃関JCTで皆さんとお別れ。
 
 15:00 帰還
   今日の走行距離 約200km
   久々のツーリングに大満足♪
   楽しい1日でした^^


   
 

( 2016/11/06 22:01 ) Category ツー | TB(0) | CM(0)

カナダ メープル街道(5) 

6日目 モントリオール ~ 帰国  10月12日(水)

  9時45分 バスに乗り最終観光地のモントリオールへ向けて出発。

       ケベックシティーから西南のモントリオールへ戻るかたちになるが、ケベックシティーへ来た時と違うセントローレンス川の南側のフリーウェイを走ります(約260km)。

    道路沿いの紅葉を楽しみながら約2時間で1976年モントリオール・オリンピック会場の斜めのタワーが見えて来ました。

     P1060016.jpg

     モンロワイアルから見たタワー

 

    明日、というか今夜にはカナダを離れ日本へ帰ると思うと、ちょっと寂しい気持ちになります。


 ●モントリオール

   カナダ第2の都市モントリオール。ここもケベック州でフランス語の街。

   モントリオールに到着後、先ずは市内の中華料理店で昼食。ここのスープもホタテも美味しかった。

  

    市内の風景

     IMGP9260.jpg  IMGP9256.jpg

      広場での演奏風景

    

     IMGP9259.jpg    

     ハロウィンの飾りつけ

 

     IMGP9232.jpg

       日本製バイク

      見かける自動車も日本製(左ハンドル)が多い。

 

 ●ノートルダム大聖堂

      IMGP9234.jpg   IMGP9245.jpg

  

     パイプオルガン

      IMGP9251.jpg

     7000本ものパイプで出来たパイプオルガンが大迫力の演奏をしていました。

      近く行われるコンサートの練習だそうです。

  

     彫刻やステンドグラスの美しさに見入ってしまいました。

      IMGP9253.jpg    IMGP9254.jpg

      IMGP9244.jpg  IMGP9242.jpg

   

 ●セントジョセフ寺院モンロワイヤル公園を見学。

   モンロワイヤルは市内を見渡せる標高232mの丘で、墓地と公園がありました。

     

   18時 モントリオール市内のホテル到着。

     市街の至るところ工事中でバスの運転手さんは大変そうでした。

     間もなくマイナス30度にもなる厳しい冬が来て雪がたくさん積もるので、それまでに工事を終わらせたいそうです。


    夕食は鳥料理。クリーム煮で美味しかった。

     食事の後は帰国の支度で荷造り。


   深夜1時40分 バスでモントリオール空港へ。  10月13日(木)

     5時半発の飛行機ですがモントリオール空港はひどく混雑するので、搭乗手続きが間に合わず乗り遅れるケースも多いらしい。審査待ち行列の前の方に付きたくて早く出発します。


 ●モントリオール空港からデトロイト空港へ
  さらにセントレア空港へ
  
   モントリオール空港
    このサイズのデルタ機でデトロイトへ
     
   デトロイト空港  

     IMGP9268.jpg

     デルタ航空エアバスA330-200

    これに13時間乗ってセントレア空港に着きます。

     帰りは来たときよりも北寄りのコースを飛び、約1時間多く掛かります。

     ~ 日付変更線 プラス13時間 ~    10月14日(金)
  
   15時過ぎ  セントレア空港に着陸
  
    8日間の旅が終わりました。
    比較的に少人数のグループツアーで良かった。
    食事とホテルも良かったし、天気に恵まれ、期待した紅葉が見られて大満足でした♪
    
  おしまい


( 2016/10/16 22:44 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

カナダ メープル街道(4) 

5日目 世界遺産ケベック   10月11日(火)
  8時半 観光バスでケベックへ向けて出発。道のり約400km。
        バス(運転手も)は毎日変わりました。が、どれも大型観光バスなので、14名(プラス添乗員さんとガイドさん)は好きな席にユッタリ座れます。
  
  ケベックシティーへは ロレンシャン高原から モントリオール方面へ戻ってから、セントローレンス川に沿ってフリーウェイを北東へ進みます。
  セントローレンス川は、オンタリオ湖から1、000km以上、大西洋まで流れています。

 ●トロワ・リヴィエール
   トロワ・リヴィエールの町にあるレストラン 砂糖小屋 で昼食。
   広い店内は満席状態で、バイオリン弾きがカントリー調の巧みな演奏を聞かせて、ダンスも始まり盛り上がりました。
   IMGP9153.jpg  IMGP9155.jpg

   次々に大きな皿で出てくる料理はどれも美味しくて、僕はミートパイが一番だったかな。

 ケベックシティー
   15時30分 ケベック州の州都で世界遺産のケベックシティーに到着。
       ”ケベック”は「狭い水路」を意味するインディアンの言葉で、セントローレンス川が川幅を狭めている場所だから この名前が付いたそうです。
        IMGP9169.jpg
        セントローレンス川の向こうにレヴィーの町が見えます。
         ケベックシティーレヴィーの間をフェリーが運航しています。
          
  ケベックシティーの歴史は、フランス人の サミュエル・ド・シャンプラン がこの地に砦を築いたことに始まります。フランスの植民地であったため、ほとんどがフランス語。向こうの人にはサンキューよりもメルシーを使います。消費税は16%ほど。
        
                          IMGP9174.jpg
                サミュエル・ド・シャンプランの銅像

      フェアンモント・ル・シャトー・フロントナック           
                              IMGP9230.jpg
              アッパー・タウンにあるケベックシティーを代表するホテル
      600以上の客室がある大きな城のような建物です♪
      私たちは、ここに泊まりました。

           泊まった部屋
         IMGP9228.jpg  IMGP9226.jpg
      一般の客室でもアンティークで風格のある部屋です。
          
  ダルム広場、ノートルダム大聖堂、ケベック州議事堂、戦場公園を見学。
   
    IMGP9191.jpg  IMGP9187.jpg  IMGP9184.jpg
           ノートルダム大聖堂

    IMGP9195.jpg
     ケベック州議事堂

  ロウワー・タウンの繁華街 プティ・シャンプラン で散策と買い物を楽しむ。
    IMGP9225.jpg     IMGP9224.jpg    
           プティ・シャンプランの街並み           首折れ坂
    
 19時30分 ホテル近くのレストランでフランス料理。
                     ロブスターを戴きました。
  
( 6日目 モントリオール に続く )
    

( 2016/10/16 20:43 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)

カナダ メープル街道(3) 

4日目 ロレンシャン高原
 モン・トランブラン(トランブラン山) 10月10日(月)
    この日、カナダは感謝祭で休日。観光客がいっぱいでした。
            最高気温が1桁の冷え込みで真冬の服装になりました。
 
   ゴンドラに乗りトランブラン山(標高875m)へ
     IMGP8927.jpg   IMGP8928.jpg
           ゴンドラ乗り場       4人乗りのゴンドラ

   赤、黄、緑の鮮やかな紅葉と、トランブラン湖の眺めに歓声を上げる♪
   IMGP8930.jpg   IMGP8932.jpg

   IMGP8936.jpg   IMGP8996.jpg
 
     IMGP9000.jpg       

   山頂には細長いトランブラン湖の全景を見渡せる展望台があり、そこで写真撮影。
   IMGP8946.jpg  IMGP8963.jpg
 
  11時からガイドさんの案内で1時間ほどハイキング。
     林の中をのんびり歩いてメープルの紅葉、小川のせせらぎ、小滝などを楽しんだ。
   IMGP9035.jpg

            IMGP9045.jpg       IMGP9071.jpg

   IMGP9056.jpg  IMGP9060.jpg       

  お腹も空いたところでサンベルナール広場のレストランで昼食。
  クラブサンドイッチも美味しかった。ちょっと食べにくかったかな。

 トランブラン湖ミロワ湖
   自由散策で行ったトランブラン湖畔
   IMGP9097.jpg
          IMGP9093.jpg   IMGP9095.jpg  
       赤い屋根の教会

   ミロワ湖は、鏡のように紅葉の山々を写していた。
          (ミロワは英語のミラーだ、とその時気付く)  
    IMGP9104.jpg
    通りかかる人も殆ど無くて、もったいないような風景を一人占め。
   
   翌朝のトランブラン湖 
    IMGP9137.jpg  IMGP9148.jpg
 
  ●無料リフト
   日中、サンベルナール広場から300mほど下の広場まで、立って乗るゴンドラに無料で乗れます。  
   IMGP9130.jpg  IMGP9131.jpg
   私たちの泊まるホテルの屋根の上を通過した時は、思わず笑ってしまった。
 
  6時を回ってから皆でホテルを出て石畳のメイン通りを上りレストラン ル・シャックでポーク料理の夕食。
  美味しく戴きました。
  
 ( 4 世界遺産ケベック に続く  )


( 2016/10/16 16:47 ) Category 旅行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tera

  • Author:tera
  • ウクレレ仲間、バイク仲間たちとの集いを楽しんでいます。
月別アーカイブ
最近のトラックバック